« 0140_空耳アワー浴 | Main | 0142_さようならKidpix »

2005.07.29

0141_Wiki

Wiki を利用し始めて3週間。最初利用法に戸惑っていたし、その価値も全く分からなかったのだけれど、今ではその便利さの虜(とりこ)になってしまった...

と言ってもレイアウトはこのブログとほとんど変わらず。というか、変えずに使っている。ブログと似せて公開することで不都合があるかどうか、も試してみたかったこともあってそうしている。が、現在では全く違和感がないのがおかしかったりもする。

#正直なことを書くと、ほんとはミーハーで「ブログっぽいけど Wiki だよ。わかるぅ?」って自慢したかったから、意図的にレイアウトを似せた... でも今ではそういう気持ちは失せ、それぞれに便利なところが違うように受け止めている。どちらもすばらしい!

この Wiki については、詳しくは IT用語辞典 e-Words をご覧頂くと分かると思うけれど、それでもたとい用語の意味が分かったとしても「実際に使ってみるまでは、その便利さは実感出来なかった!」ですよ。

とにかく一番便利に感じていることは、時系列的な発言を書き込むBBSと違って、時系列的に並べるようなルールに捕われることなく、自由に気ままに、編集や削除、更にはそのページ毎に発言者(書き込み人)や閲覧者の制御が実にお手軽に設定出来、そして変更まで簡単に出来る、ということが挙げられる。

また、(煩わしい)HTML形式の文法に捕われることなく、簡単な Wiki モードの(ローカル)ルールで気軽に整形が可能、という点も見逃せない。とにかく便利なのである。

ということで“〜に捕われることなく”という表現をハワイ語では“Wikiwiki”というらしいから、正に Wiki である。

#あっ、発音は「ウィキ」ですよ。

ユーザーの多くは、書き込み自由に設定して、グループウェア的な利用をしているらしいけれど、ボクの場合は「自身の雑記帳」という使い方。使えば使う程 Palm でメモ書きを初めて体験した時に感じたワクワク感さえ感じている。それほどにはまっている。ネット上の PDA 的な便利ささえ感じるんだなぁ〜。

とにかくネット上に自分自身の雑記帳を持てる、って実に便利&楽しいですよ。みなさんもどうぞ。

#そうそう、この雑記の内容として、mixi.jp で拾ったネタもちゃっかり頂いちゃっていますよ(笑) おいしいのは迷わず“いただきまぁ〜す(パクリ)”。

IT用語辞典 e-Words Wiki = http://e-words.jp/w/Wiki.html

そうそう、ボクの Wiki は...
cco.cocolog@Wiki http://www2.atwiki.jp/cco/

|

« 0140_空耳アワー浴 | Main | 0142_さようならKidpix »

Comments

Hello would you mind sharing which blog platform you're using? I'm planning to start my own blog in the near future but I'm having a tough time deciding between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal. The reason I ask is because your layout seems different then most blogs and I'm looking for something unique. P.S My apologies for getting off-topic but I had to ask!

Posted by: Quest Bars | 2014.08.28 at 03:09 AM

Hello, its nice article about media print, we all understand media is a enormous source of information.

Posted by: emorykegs.com | 2014.06.23 at 10:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4919/5208295

Listed below are links to weblogs that reference 0141_Wiki:

« 0140_空耳アワー浴 | Main | 0142_さようならKidpix »