« 0131_キャリア教育 | Main | 0133_今更ながら青山学園高等部の入学試験のこと »

2005.06.20

0132_息子の試練

って大げさに書いたけど、それでも彼にとって、特に物心ついてのほとんど初めてにちかい試練が始まった...

まず先週2件のいじめにあった。1件目は隣の女の子の「もしかすると好きなんじゃない?」いじめ(?)

なんでも、その子とその友達に目隠しされて消しゴムを隠された。それが連日だったので2個無くして帰宅。

で、問題はその翌日。

鉛筆の芯が根元から折られている。筆箱の中にあった鉛筆4本中3本も。また1本は無くなっていた。芯の折れ方がちょっと尋常じゃない。

そして更に室内履きの靴も。片一方無くして帰宅。困った。

実は息子は「出臍(でべそ)」 かなり大きく目立つ。その出ベソ故に保育園時代より少しいじめられた。でも本人は「お母さんから貰った折角のおへそだから切りたくない」と手術を嫌がった。それでも小児科医にも数人の先生と相談。でも先生のほとんどが「この程度の大きさだとじきに治りますよ」とのこと。それで手術は見送ることに。

でもその臍(へそ)を触ってくるクラスメイトがいる。それも複数人で息子を押さえ付けて触ろうとするらしい。これは困るし、へたをすると健康を害する。それで息子と男同士のの相談をした。結論「夏休みに手術しよう」と。

来週からは息子の通う小学校でも水泳の授業が始まる。お臍(へそ)への攻撃はヒートアップすることだろう。それで先生に相談の手紙。さて、今後どうしようか。

そして試練の極めつけ。今週1週間、彼の母親(つまりボクの妻)が出張。で、更にボクまで1週間のうち、4日間は残業。共働き故の厳しい状況。勿論これまでもそういう出張や残業は何度か経験しているものの、いじめにあっている現状での、出張やら残業やらで、我が子ながら辛いだろうと思う。

でも上手に乗り越える術を体得して欲しいもの。頑張れ息子よ!

|

« 0131_キャリア教育 | Main | 0133_今更ながら青山学園高等部の入学試験のこと »

Comments

CCOさん,お久しぶりです。
「先生に相談しても・・・」という意見もありますね。
私は相談される教師でありたいと常に思っています。
相談した後,その先生が学級でどのような話をするか,
どのような行動を起こすか,CCOさんがどうお感じになるかですね。
学校の先生にもいろいろな方がいますからね。
相談して,「自分の学級にいじめがあったこと」にショックを受け,
逆上して子ども達を叱る先生もいますからね。
「先生」も育ってきた環境が体験が違い,その人の価値観が異なるため,
「いじめ」の問題は難しいですね。
内容を読む限りでは,息子さんの人権を傷つけている内容なので,
早急に対応して,息子さんを楽にしてあげて下さい。
私なら(親として),担任の先生に相談して,その対応次第では,
自分で相手の子どもの家を家庭訪問します。

Posted by: 川平のくま | 2005.06.21 at 07:00 PM

私は、2人の娘を育てた中で、親が積極的に介入して解決、または未然に防げた経験があります。
まだ秩序の確立していない幼い社会には、それも必要かと、、、

Posted by: ミユキ | 2005.06.21 at 12:44 PM

ccoさん、お疲れ様です。
心配事を増やすようで申し訳ないのですが、先生への相談は私の経験上、おすすめできません。私は幼稚園から中学1年まで常に虐めを経験しました。現在の先生がたの考え方を知らないのであくまでも参考にお話しします。

私の場合は、相談の後毎回、大人の陰険な虐めや差別を受けました。先生から何かにつけては嫌みをいわれ、二言目には、「甘えている」、「男らしくない」、「人のことをいう前に自分のことを反省しては」など、今も憶えています。(方言を話さない両親の口調や態度も影響したのかもしれませんが。)

さて、ここまで続いた虐めの理由ですが、学年ごと色々理由はあったとしても、切っ掛けは、方言が話せなかったことと、美術以外の学業が苦手だった二点だと思います。でも、私の得た解決法は以上のいずれでもなく、強がりでない自信を持つ、そしてそんな自分を自分の手で守る事でした。結果、それ以来虐めに合うことはなくなりました。

虐められる立場から抜ける方法など経験している私でもハッキリはわかりません。ただ、高学年になればなるほど、悪いという対象が自分にかわり、虐められる自分自身を恥じるように変わってくることは、よく知られる事実でしょう。そうなると、親に申し訳ないと言うことから隠すようになり悪循環していきます。

まだもう少し先ですが、私が虐められていた当時、何を求めていたのかを思い出してみました。それは、動揺せず話を聞いてくれる環境だったと振り返ります。無責任な発言はできませんが、私を避難した教師らの発言と真意は違う意味で結局本人の手で探すしかないという結論に達します。

同じ状況で同じ失敗をし、同じように傷ついていても解決を焦らず、ただ根気強く話を聞いてほしいと思います。

このシンプルな事がどれだけ大変なことかは、親じゃなくとも解るつもりです。

最後に、子供は大人以上に繊細な部分もあれば、逆もありますよね。つまり自分に起こっている事態の深刻さを親の反応で知ることがあるということです。(もう既にご存じでしょうが)虐めの痕跡をもしも把握しようと探し過ぎてしまうと、逆にその空気を感じ取り、逆に動揺させてしまうこともあるということです。

可能な限り冷静で客観的な判断が出来るように、話される以上に事態を想像せず、一定の距離を保つように心がける必要もあるのかもしれません。(当たり前過ぎて提案することも恥ずかしかったのですが一応書かせて頂きました)

以上のことは、子供など持った経験のないものが発言すべき事ではないかもしれません。もしも、気を悪くされるような部分がありましたらお許し下さい。しかし、虐めという意味でお案じように苦しんだ経験を持つ以上、なにか協力したいと思ったのです。

最後に手術の話は私も賛成です。ただ、手術によるリスクについては心配ですがそれを覗けば、自信をもつ一つの方法として意味のあることでしょう。

この苦難をどのように乗り越えたかによって、彼の人間関係は変わってくるわけですから。素敵な解決法が見つかることを願っています。

Posted by: Samhot | 2005.06.21 at 10:31 AM

いじめの話を聞くとワジワジーします。
何故無くならないんですかね。
相手の気持ちを考える事ができないんでしょうね>いじめっこ。
親の顔が見てみたい、、、どういう育て方してるんだろう。

ccoJr.がひねくれる事なく、力強く、いじめっ子をブンなぐ、、、る事なく、
優しい心をなくさずに成長してくれると信じてます。

Posted by: Hanezi@琉球 | 2005.06.21 at 01:56 AM

う~む。これは確かに試練ですな。
おいらんとこは娘二人なので、女同士の相談はいろいろあるらしいけど・・・

不謹慎かもしれまあせんが、ある意味うらやましい。(オトコ同士の・・・)

でも共働きは大変ですよね。
うちも家内が出張となると大変でっす。
でも最近は上の」娘が成長したので少しは楽になりましたが。

Posted by: 焼酎太郎 | 2005.06.21 at 12:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4919/4635690

Listed below are links to weblogs that reference 0132_息子の試練:

« 0131_キャリア教育 | Main | 0133_今更ながら青山学園高等部の入学試験のこと »