« 0130_入会12周年 | Main | 0132_息子の試練 »

2005.06.14

0131_キャリア教育

仕事に就かない人、がフリーターとかニートとか言われたり、定義付けられていたりしている昨今、(と言ってもお役所でも定義がまちまちらしいけど) まぁ、とにかく勤労に意欲を燃やし、一所懸命に働いて、そして税金を払って下さい、と言っているようにも受け取れる支援教育にキャリア教育がある。で、最近ボクもこのような講習を担当したりしているわけですが...

でも実は職務上そういう講習を担当せざるを得ない状況になっているものの、学生時分からの付き合いのある友人らに言わせると「お前がそういう講習を担当するなんて。ワッハッハ」って(半ば呆れ顔で)笑われる。これ以外に職場で就職担当窓口になって、こちらも十数年。そういうことも友人らに話すと、これまた笑われてしまう。

「仕事をしょっちゅう変えるお前が、他人様の就職の世話をするなんて...」 それが笑われる理由。転職についていうと、自身に対して自身も呆れる。それくらい仕事を変えた。転石苔むさず、とかいうけれど、苔がつく前に転職した。

だ・か・ら、将来のある若者にはきちんと計画的に生きて欲しい、と考えるわけ。それで就職担当をし、その延長上にキャリア教育の一環であるキャリア講習も担当するようになったわけ。

でも、別に偉そうな話をするつもりもないし、そもそも自身の性格上偉そうに話すなんて出来ない、と思っている。フレンドリーに話す、というのが自身のスタイルだと思っている。それで、手段としては、思ったことを思い付くままプレゼン形式で話す、だけ。これも誰かの真似でプレゼンを始めたわけでなく、辿り着いた先がプレゼンだった、ということ。PowerPoint や Keynote(最近のお気に入 り) で作成したプレゼンを利用して話をする。そして個々人に、何かを気付いてもらう、わけだ。

ところで、以下の本がある。

村上龍著、13歳のハローワーク
URL = http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344004299/249-7422343-7656369

この本のレビューはなかなか素晴らしいけど、個人的には好まない。仕事を意識し過ぎる勉強を息子にはさせたくないから。と、このように書くとそれなりに反論もあるかも。でも、蛙の子は蛙、という教育を息子にするのはちょっと... ボク自身、親にそういう育て方はされなかったので、それで抵抗があるのかも知れないな。でも... 実は祖父、それに祖母の兄弟、また母、の跡を追うように結局そういう仕事を現在してしまっている。ということは、気が付くと自身、蛙の子、なわけだが...

で、話を戻して、キャリア教育だけれど、そもそも誰が(またはどこが)担当すべきなのだろうか、と最近ふと考える。親? 家庭? 学校? 地域? 塾? それとも本人自身?

自身のことを振返ると、ボクはいろいろなことに興味を持った。また違う種類のアルバイトも経験した。そして仕事も転々としながら、それなりにいろいろな体験をし、それが現在でも進行中。よって次にどういう仕事をしているのか正直自身でも分からない。

で、この転職について。

以前はとても珍しがられた転職だが、最近ボクの周囲では様子が一変してきている。つまり転職が珍しくなくなってきているのだ。それもかつてボクのことを笑っていた人に、様々な理由で転職を余儀なくされるケースが増えてきているのだ。これには危機感をおぼえる。

年功序列から能力主義へと変わってきているわけだが、とにかくいずれにせよ生き残らなくては、と思う。いっしょに生き抜きましょう。また息子にも生き抜く術を身に付けて欲しいし、親として身に付けさせたい。そのために必要なのは知力? 体力? とにかく親としては最近強く願う。まぁ、正直、人ってなんだかんだ言っても、どうにか生き延びれるだろうし... と楽観している自身もいるけど、実はそれなりに不安も少なくないわけで...

このキャリア講習は、自身にフィードバックしてくる講習だったりするんだよなぁ〜。当地には「うちあたいする」っていう方言があるけど、うちあたいしながら講習をしてるんですよ。ほんと。

参考までに、文部科学省“「若者自立・挑戦プラン」(キャリア教育総合計画)の推進”
URL = http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/wakamono/


|

« 0130_入会12周年 | Main | 0132_息子の試練 »

Comments

私もキャリア教育に関わっているものですが
これはサポートする役割のもので、テーチングするとか、誰がするということではなく一緒に考えていこうということだと思います。
そして誰もがうちあたいする内容の事柄ではないでしょうか
それぞれに人生をどう染めていくかその人にかかっています。
私が大切にしていることは、サポートをしながら、その人が何をするにせよ自分の意思で決定したと本人が確認できることかな

Posted by: neco-to-inu | 2005.06.16 at 04:14 PM

ニートって言葉も最近知りました。「働かなくても食べて(生きて)行けるんだ〜」と単純に思ってしまい。

何か一つの小さな希望、目標があればどんどん転がれて大きくなれるのでは? とか単純に。

Posted by: 朋 | 2005.06.15 at 10:39 PM

今回のお話、ホントうちあたいします・・・

Posted by: 2104 | 2005.06.15 at 07:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4919/4553587

Listed below are links to weblogs that reference 0131_キャリア教育:

« 0130_入会12周年 | Main | 0132_息子の試練 »