« 0064_妻の鼻 | Main | 0066_回し打ち(パソ通時代のオフ会風景) »

2004.05.10

0065_現代風黒砂糖(黒糖)の飴

普段そんなに間食しない。だからお菓子のことはほとんど知らない。でも黒砂糖(黒糖)だけは別。昔ながらの素朴な甘みに今は亡き祖母のことを思い出す...

未だ幼稚園へ通っていた頃、甘いものを欲しがったボクに祖母は黒糖のかけらをくれた。当時祖母は黒糖とは呼ばず「くろざとう」と呼んでいた。夏の暑さでへとへとになって帰宅すると黒糖を一かけらくれる。また冬、寒い中帰宅すると黒糖をお湯で溶いて飲ませてくれる。その素朴な味は大人になった今でも忘れられない。

その子供の時分には味わったことのないおいしい飴玉を見付けた。三重県松屋製菓の製品「沖縄黒飴」だ。これは美味しい。祖母にも食べさせてあげたかったとつくづく思ったりする。この飴玉をどう言ってくれたかな。これならきっと喜んでくれたかも知れないな。この味は県内の業者にも是非とも見習って欲しい。

kokuto.JPG

しかし息子もそうだが、最近の子どもは「この甘さ、苦手」とか言って黒糖ばなれが進んでいる。さびしいなぁ。寒い日にはココアもよいけれど、やはり黒糖でなきゃ。これからも伝えたい味のひとつですね。

|

« 0064_妻の鼻 | Main | 0066_回し打ち(パソ通時代のオフ会風景) »

Comments

こんばんは。
黒飴美味しそう〜近くに売っている所があるか探してみます♪

私もあまりお菓子は食べませんが、くろざとうだけは我が家の常備品です。
・・今さっきも、少しつまんでいました(笑)
シンプルだからこそ素朴だからこそ、素材本来の良さが際立つというのもあると思うし、良いものは、いつの時代でも良いと思うんですけどね〜

Posted by: 梨紗 | 2004.05.11 at 02:17 AM

じょんさんコメントありがと。
でもゴルフ三昧はだめですよ。お母様を大切に。

Posted by: cco | 2004.05.10 at 11:42 PM

実家では今もくろざとう(小さな固まりのやつ)が
置いてあります。何となく日本に居る親を思い出し
ました。母の日に電話してなかったな。(反省)

Posted by: john rhee | 2004.05.10 at 08:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4919/569549

Listed below are links to weblogs that reference 0065_現代風黒砂糖(黒糖)の飴:

« 0064_妻の鼻 | Main | 0066_回し打ち(パソ通時代のオフ会風景) »